40年ぶりに替えた畳

先日、当店をご利用いただきました西宮市山口町のお客様の畳の表替えをさせていただきましたところ、約40年前に初代と二代目が新調させていただいた本藁床の畳でした。
畳は裏に書いてある「裏書き」という畳を敷く位置を示す字の筆跡と畳を縫う技術などから仕事を誰がしたのか推測することができます。
今回はそのような中、お客様からのお話と二代目の記憶と記録から約40年前に新調した畳を表替えしました。
土台である藁床は約40年経過していたのですが、隙間が空いていたのと少し傷みがあっただけなので補修して表替えしました。

DSC_0515

DSC_0515


画像の左側が表替えする前です。本藁床に40年前では高級品だった国産麻引き表。
右側が表替え後。使用した畳表は熊本産の上級品麻綿Wです。
仕事をしていて感じたのは、畳表のい草の品質の高さと製織技術が現在と40年前とでは格段に違うこと、そして本藁床の耐久性の高さでした。
現在、当店では特に材料の指定が無い限り100%熊本産の当店指定農家が生産した畳表を使用しています。
残念なことですが年々、い草農家は減少しています。しかしい草の品質と製織技術は向上していて、かなり高品質な畳表が生産されています。
また、藁床に使用される藁も稲作農家の機械化や需要の減少により少なくなってきました。
最近では建材床が主流になってきています。建材床も技術の進歩により高品質になってきていますが、本藁床の耐久性の高さにはいつもながら驚かされました。

This entry was posted in 畳に関するブログ. Bookmark the permalink.